畑恵さんが理事長を務めていらっしゃる作新学院では世界を刷新する人間力の育成に力を入れた教育活動が実践されています。作新学院はSSHというスーパーサイエンスハイスクルーの指定を受け、東大や京大などへの進学実績も多く、生徒の自主性を重んずる教育活動が行われています。

作新学院高等部ではコンピュータを活用して理科実験データなどを分析したり、発表するための方法などが学ばれています。そしてその過程で作新学院の生徒たちが、データ分析の能力を高めたり情報を発信していくための力が習得できるようになるのです。

また、大学と高等学校の連携などで講義を出張して行ったりする取り組みなども行われています。大学の先生が高等部で講義を行ったりするという授業が受けられるのです。実際に大学の先生から授業を受けられるという機会があると、生徒も先の見通しがモテたり、大学進学などについてより熱心に考えることができるのでいいですよね。また、出前実験などもあって、
大学で学ぶ内容の一端を実験を通して知ることができることは生徒たちのモチベーションアップにもつながりますよね。

また、大学の最先端の科学技術に関する講演会なども実施されたりしていて、学ぶということに対して大きな興味をもつことができたり、知的好奇心も広がりますよね。また、大学間で行われれる実験や科学研究機関の先端科学技術などを見学したり実習したりすることもできるのです。

作新学院では、このような科学的な取り組みだけでなく、英語教育がとても熱心で、英語教育にも力を入れて取り組まれています。英語の授業の中で、英字新聞や英字雑誌などの環境問題に関する記事などを読んだり、内容理解を行うことで、科学英語を読解をする力を伸ばす取り組みなどがおこなわれたりしているのです。そして、地域の大学や研究機関などで研究活動に努めている研究員や留学生などから英語講義を受けたり、科学実験の指導なども受けられるようになっているのです。

科学的な研究に対する興味関心や国際理解などについて理解するために行われる国際交流の活動なども充実しているのです。外国の高校を訪問し、英語で交流する機会をもったり、実験を共同で行うという活動に取り組んだり、環境問題についてディスカッションを行ったりする活動などもとても充実しています。

まさにグローバルと人間力という畑恵さんの目指すところや作新学院の教育方針が具体的になっている活動でもあり、魅力的なカリキュラムなのです。畑恵さんが理事長として献身的に育まれてこられたメッセージが若い世代の人々に伝わっていますよね。