畑恵の学歴は?出身高校・出身大学は?

10

元参議院議員で現在は作新学院の理事長を務められている畑恵さんですが、出身高校や出身大学についてはご存知でない方も多いのではないでしょうか?
どんな高校を卒業しているのか、大学でどんな勉強をされたのか、調べてみました。

畑恵さんは高校は都立高校に進学しました。
実家からは少し遠いのですが、都立国立高校に進学したようです。
国立高校を卒業後、早稲田大学に入学されました。
名門早稲田大学では第一文学部に入学、フランス文学を専門に学ばれたそうです。
後の話になりますが、社会人になってからもパリの文化高等経営学院に留学されており、文化政策を学ぶとともに、レコール・ド・ルーブルで美術史も勉強されたようです。
フランス文学や美術、文化に非常に造詣が深い方だといえるでしょう。
その後NHKに入局し、報道はもちろんのこと、科学や生活など多くの情報番組のキャスターとして活躍されたようです。
大学時代に学ばれた様々な教養が活きているのでしょうね。

その後1995年に参議院議員に当選された畑恵さんですが、なんと現職の任期中にお茶の水女子大学の大学院に入学し、科学政策についても専門的に学ばれたそうです。
非常に多忙を極める参議院議員の中にあっても学びを忘れないその姿勢があってこそ、現在の作新学院の理事長という教育職にもつながってくるのでしょうね。
現状に甘んじていない姿勢が高く評価されていて、学びに対してすごく一生懸命な一面が見られます。
様々な部分に頭の良さを感じることができます、

畑恵さんの学歴を中心に調査をしてみましが、学歴からその人の人生や考え方がわかります。
畑恵さんは非常に向学心が旺盛で、教育にも熱心に取り組まれる方なんだなという印象を強く受けました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする