3

畑恵さんは1995年から2001年までの間参議院議員として国民のために働き、その間に数多くの内容の活動を行っています。
新進党から無所属になり、そして自民党と所属する政党を変えていて、その分多種多様な業務を遂行されています。

参議院議員時代に書かれていた政策理念には、教育に関するもの、女性に関するもの、そしてイノベーションに関わる内容のものがありました。
特に教育関連の政策提言に重きを置いており、日本における教育のクオリティの向上に繋がるような思いを持ち、英語教育に関する見直し、人間力を高めるための工夫につながる内容も基本政策に含まれています。
教育こそが日本の将来を作るという思いを大事にして、学校だけではなく家庭教育に関する経験も多数行っていて、教育力の向上や基礎学力の向上のために励んでおられたようです。

そして畑恵さんといえば女性の権利にかかわる政策提言でも有名で、女性が働きやすい世の中を作るための保育や介護に関するサービスの拡充にも尽力し、諸外国では当たり前のように付与されている女性の権利を守るための活動も有名でしょう。
少子高齢化による様々な問題を危惧して、女性の国会議員だからこそ可能な活動を行い、参議院議員として活躍している約6年の間女性の権利向上のために尽力されました。

またそれだけではなく、日本の産業分野のより大きな活躍のためにも力を発揮し、科学技術推進体制の構築や研究を行いやすい体制づくり、産業界の発展を邪魔しているであろう規制の緩和にも取り組んでおり、今日の日本の産業界に対する貢献度も大きいといえるでしょう。

例えば畑恵さんの公式サイトには、高度情報通信ネットワーク社会の形成に関する委員会での質疑応答要旨のコーナーがあります。
公正な競争を推進したり、よりIT化を進めるための取り組みにも従事しています。

他には電子商取引、消費者のための新たなシステム、エネルギー政策・原子力政策、グローバル化、知的財産専門サービス体制、産業の効率性の向上及び競争力などに関する活動も参議院議員時代に行っているのが特徴でしょう。
合計で6年間のみの参議院議員生活だったため誰もが知るような圧倒的な成果はあまり残せていませんが、確実性の高い地道な活動により、教育や女性、イノベーション分野を取り巻く状況を大きく変革させたといえます。

畑恵さんは今は教育者という立場で、数多くの活動に取り組んでおられます。