畑恵の作新学院の理事長就任について

2

ニュースキャスター、参議院議員として社会的にも大活躍されてきた畑恵さんが2013年に学校法人作新学院の理事長に就任されました。
作新学院といえば甲子園の常連校でもあるので知名度もかなり高いでしょう。
作新学院ってどんな学校?畑恵さんとの関係は?そんなことを調べてみました。

作新学院は栃木県に存在する学校法人で、中等部、高等学校、大学、大学院などを多角的に経営する総合的な学校法人です。
栃木県の名士であった船田兵吾が創設し、その後船田一族の中、譲、元と継承されてきました。
1885年に誕生したということで、すでに100年を優に超える長い歴史を持つ学校だということが分かりますね。
中国の儒教の書籍の一つである「大学」という本の中にある言葉から作新の名前をとったようですね。
栃木県の中では現在も名門校として受け入れられているということです。

作新学院は東京大学や京都大学などをはじめとする名門大学への進学実績もかなり多くて、国が指定するSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定も受け、多くの実績を残しています。
かといって、勉強一辺倒ではありません。
甲子園で有名な硬式野球部はもちろんのこと、ロンドンオリンピックの競泳男子で銅メダルを獲得した萩野選手を輩出するなど、スポーツ面においても力を入れていることが分かります。
子どもの健全な成長と人間性の陶冶のために、文武両道をモットーにしているということですね。
闊達な空気の中でより成長する生徒がうらやましいですね。

今後の作新学院の教育方針、そして新たなステージで活躍の場が与えられた畑恵さんの今後に期待が持てますね。
作新学院に新たな風が吹いているといっても過言ではなく、その成果が期待されています。
畑恵さんの就任によって様々なメリットが得られそうですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする